ビフィズス菌と相性のよいオリゴ糖を摂ろう!

『カイテキオリゴ』

『EOS理論』は、善玉菌を活性化して増加も促進する!

人の腸内では日々、善玉菌と悪玉菌の争いが繰り返されています。
腸内では善玉菌と悪玉菌がバランスよく50:50になることはなく常にどちらかが多くて、どちらかが少ない状態になっています。
お腹の調子が悪かったり、スッキリしない人は悪玉菌が多くて善玉菌が少ない状態になっています。
そんな場合は、善玉菌を増やせばスッキリ、お腹も快調というわけです。

そこで、今もっとも注目されているのが『EOS理論』なのです。
EOS理論とは【Enerbacteria OligoSacchaide Synergy】の略称で善玉菌を活性化し効率よく増やするという最新の方法です。

腸内の善玉菌を活性化する『プレバイオティクス』とは?

腸内環境を整えてお腹をスッキリするには、善玉菌を増やさなければいけません。
その方法には、『プロバイオティクス』と『プレバイオティクス』があります。

プロバイオティクスとは、ビフィズス菌や乳酸菌などが摂れる食品やサプリメントなどで善玉菌を外から摂るという方法です。

そしてプレバイオティクスとは、もともと腸内に存在している善玉菌にエサを与えて活性化させるために善玉菌が好む食物繊維やオリゴ糖を摂るという方法です。

外から善玉菌を摂るというプロバイオティクスは、善玉菌を生きたまま腸に届けなければいけないことや新しい善玉菌は腸内に定着いにくいことなどからプレバイオティクスに注目が集まっています。

そのプレバイオティクスの最新方法がEOS理論というわけです。

ビフィズス菌が好むオリコ糖を徹底研究!

腸内が善玉菌優勢の環境になると、善玉菌の生み出した乳酸や酢酸によって腸が刺激されて活動が活発になります。

これが整腸作用です。

整腸作用の主役となる善玉菌の代表格がビフィズス菌で、オリゴ糖はビフィズス菌のエサとなるのですが、ビフィズス菌とひと口にいっても、現在わかっているだけで10種類以上もあり、それぞれにエサとして好むオリゴ糖があることがわかっています。

つまり、ビフィズス菌にはオリゴ糖の『好き嫌い』があるのです。

オリゴ糖は、ビート(砂糖大根)や牛乳など、動植物由来の天然物に含まれています。

こうした自然由来の素材から抽出したオリゴ糖と、腸内に存在する10種類以上のビフィズス菌との相性を科学的に検証し、各種オリゴ糖を組み合わせることによって、腸内のビフィズス菌にまんべんなくアプローチすることが可能になるという考え方がEOS理論の基本です。

研究開発の結果、EOS理論でオリゴ糖を最適比率でブレンドすることが可能となり、実際、単体のオリゴ糖を摂るよりも高い相乗効果を生み出せることがわかりました。

この最新理論に基づいた高純度のブレンドタイプのオリゴ糖が、すでに実際に商品化されて登場しています。

ビフィズス菌により異なるオリゴ糖の利用性

赤ちゃんの腸内環境は最強!便秘とは無縁です

生まれたばかりの赤ちゃんの腸内は無菌状態です。

最初に大腸菌やブドウ球菌などが見られるようになるのですが、すぐにビフィズス菌があらわれて、大腸菌などの悪玉菌を抑さえ込む働きを
開始します。

そして1週間もすると、腸内は善玉菌でいっぱいになるのです。

免疫力の弱い赤ちゃんは、最強の腸内環境を持つことで、下痢や感染症から身を守っているわけです。

授乳中の赤ちゃんの便が臭わないのは、腸内に悪玉菌がほとんどいない状態だからです。

その証拠に、離乳食が始まると外部からさまざまな細菌が食べ物といっしょに経口摂取されるため、腸内の悪玉菌が増え、結果として便が臭うようになります。

赤ちゃんの腸内環境を守る善玉菌、その後押しをしているのが母乳です。

母乳中のオリゴ糖は、善玉菌(ビフィズス菌)のエサになる一方、悪玉菌には何の助けにもなりません。

その母乳に含まれる成分のひとつがオリゴ糖なのです。

オリゴ糖には赤ちゃんの健康を守るという大切な働きがあるわけです。

生後1週間の便中の細菌数の変化

EOS理論で最強の腸内環境を手に入れて便秘や腸のトラブルを解消しましょう!

みなさんの中には、整腸作用を期待して、いろいろな乳酸菌を含む食品を試している方も多いはずです。

一時的に効果があっても、それが長く続かないという人もいるのではないでしょうか。

それは、せっかく摂った乳酸菌が充分に働ける環境になっていないからです。

乳酸菌を活かすためには、プレバイオティクスと併用することが重要で、それがより高い効果と持続力を得る近道なのです。

EOS理論によって作られたブレンドオリゴ糖を活用することは、一番簡単で確実な方法だといえます。

また、市販のオリゴ糖をブレンドするという方法もありますが、やはり最適な比率でブレンドされているEOS理論によって作られたブレンドオリゴ糖を摂ることが一番だと思います。

毎日の食事や飲み物などに、このブレンドオリゴ糖を混ぜるだけで整腸作用が期待できます。

ブレンドオリゴ糖は、混ぜても料理や飲み物の味を変えることがなく自然にオリゴ糖を摂ることができるので、是非一度試してみてはいかがでしょう。

単一オリゴ糖のみの場合

EOS理論でできたオリゴ糖の場合

このページの先頭へ