なぜ私は、便秘になるの?

『カイテキオリゴ』

便秘は現代病?日本人は便秘症?

溜めれば溜めるほど、体も気分も重くなるものは何でしょう?
それは『便』です!

便を溜めてしまうと心身ともに何もいいことはありません!
しかし、便を溜めている人の多さにビックリします。

特に現代の日本人は便秘になりやすいといわれています。
昔は便秘になる人はほとんどいなかったそうです。

しかし現代では半数以上の人が便秘症状だといわれています。
それは食生活の欧米化が大きな原因!

そもそも日本人と欧米人では体の作りが違います。
日本人は欧米人に比べて腸が長い。

・日本人の腸の長さ ⇒ 約7m
・欧米人の腸の長さ ⇒ 約4m

なぜこんなにも腸の長さが違うのか?
それは主食の違いです。

日本人は穀物、欧米人は肉を主食としていたために、こんなにも腸の長さが違うのです。
穀物は、肉に比べて消化するのに時間がかかるため長い腸が必要なんですね。

みなさんもご存知のとおり現代の日本人の食生活は完全に欧米化しています。
これを伝統の日本食に替えるだけでも便秘を解消できる人もいます。

便秘に悩む多くの方々…。
諦めないでください!

便秘を解消するには、ちょっと意識するだけでも違います。
まずは日頃の食生活を見直してみてはいかがでしょう。

どれくらいから便秘というの?

通常の場合は、1日に1回は便通がある状態がいいですね。
特に毎朝便が出ることは健康の証です。

多くみられるのが、2~3日出ないくらい普通よ。なんて方が多いと思いますが、これは普通ではありません。
腸内では悪玉菌が勢力を拡大し便が溜っている疑いがあります。

中には1週間出なくても当たり前って人もいます。
このような人の場合は、重度の便秘といっていいでしょう。

最近の調査では、小学生の4割が、「毎日排便なし」という実態が明らかになりました。

この現状、見逃してよいものでしょうか?

4割の子供が便秘

便が出ていれば便秘じゃない!とはいえない?

毎日調子よく便が出ているので『私は便秘ではない』と安心してはいけません。
ただ便が出るだけじゃなく、スッキリ出ないとダメなのです。

どういうことかというと、便は出るけどスッキリ出しきることができずに腸内に便が残ってしまって残便感を感じる。
このような状態が続くと便が出ていても便秘という『隠れ便秘』かもしれません。
また、便やオナラの臭いが気になる場合も要注意です。

【隠れ便秘チェック】
▪排便後も腹部が張っている
▪便の量が少ない
▪水分の少ないコロコロした固い便が出る
▪水分が多すぎるペタペタした切れの悪い便が出る
▪排便に苦痛がともなう
▪便が強烈に臭う

このようなチェック項目に心当たりがある人は、『隠れ便秘』の疑いがあります。
少し便秘について意識してみてはいかがでしょう。

また、子どもや妊婦さん、高齢者の方は腸の機能が弱いので特に便秘になりやすいといわれています。

私たちは、冷えやストレスなどの生活習慣でも、便秘になります。
便秘解消は、原因を知ることから!

私たちが便秘になる理由をタイプ別に見つめてみましよう。

妊婦さんの便秘の場合

妊娠は赤ちゃんを授かったというの喜びとは別に女性の体にさまざまな変化をもたらします。

その中でもなかでも悩ましいのが便秘です。

今まで便秘なんてなったことがないという人でも、妊娠とともに急に便秘状態に…

しかし、これは珍しいことではないのです。
なぜなら『妊婦に便秘はつきもの』なのです。

では、なぜ妊娠とともに便秘状態に陥るのでしょう?

妊娠すると黄体ホルモンが盛んに分泌されます。
黄体ホルモンが分泌されることにより子宮筋の収縮を抑制して流産を防止します。
その影響で腸の動きが弱くなって便秘になりやすくなるのです。

また、妊娠によって子宮が大きくなり腸が圧迫され便通が悪くなることも便秘の原因です。

その他、運動不足や便秘薬を習慣的に飲んでいた人が妊娠を機に服用をやめることで便秘になることも。
かと言って妊娠中に便秘薬を服用することは絶対にNGです。

妊娠中の便秘状態は妊婦さんだけじゃなくお腹の赤ちゃんにもよくありません。
出産時も便が溜っていると苦しいので、安産のためにもスッキリできるお腹にしておきましょう。

赤ちゃんや子どもの便秘の場合

まだお腹の筋肉が弱い赤ちゃんと子どもたちは便秘になりやすいもの。
1週間出なくて病院にかけこんだ!
機嫌が悪いのは便秘のせい?
などなど、便秘の悩みは切実です。

【赤ちゃんが便秘になる理由】
赤ちゃんの便秘を解消するには、成長と共に改善を目指すことが一番です。

▪お腹の筋肉が弱い
生まれたばかりの赤ちゃんは腹筋が弱いので、日に5回出ることもあれば、1週間に1回ということもあって当たり前。
苦しそうでなければ問題ありません。

▪離乳食の量
離乳食を始めると急に便が出にくくなることがあります。
食べる量や運動量が増えれば自然と改善していきます。



【子どもが便秘になる理由】
便秘で苦しいと余計便秘に!

▪排便を我慢している
2歳を過ぎても便秘がちなときは、ウンチを我慢する習慣がついてしまったのかも…。
ウンチが固くて大きくなると、肛門が切れてしまって排便の際に痛みを感じる子もいます。
そうした経験が重なると、「ウンチは痛いからイヤ!」とインプットされてウンチを我慢してしまうケースも。
そうして便秘の悪循環に陥ってしまうのです。

小さなころからしっかりとした排便習慣を持つことで、健康な生活リズムが整います。
便秘の改善は即ち、子どもの健康な人生の土台作りでもあるのです!

高齢者の便秘の場合

便秘は腸の老化現象の1つでもあります。
歳をとったら便秘になってしまった!
便秘薬や浣腸が手放せない!

とはいえなかなか打ち明けられないのが便秘の悩み。
介護現場では便の状態に悩まされることも…。

【高齢者が便秘になる理由】
老化だけでなく、病気が原因の場合も?

▪悪玉菌優勢になりやすい
加齢とともに悪玉菌優勢の環境になりやすいため、よい便が作られません。

▪ぜん動運動が鈍くなる
腸のぜん動運動が鈍くなり便がなかなか下りなかったり、腹筋が弱く便意を感じにくい場合も。

▪便の量も減る
食事の量が減り、消化の良いものばかり食べるようになると、作られる便の量が少ない、そのために出ないというケースも。

▪背後に病気が隠れている?
糖尿病、高血圧、大腸ガン、痔などの疾患があると、便秘が起こりやすいといわれています。
また、処方された薬の副作用で便秘が起こる場合もあります。

▪便秘とは長~いお付き合い
若いころから便秘薬を飲んでいる便秘歴が長い人は、便秘の状態が当たり前になってしまっています。

よい便が出る人は、長生きする確率が高い!
腸内環境を整えていれば、いつまでも若々しくいられます。

男性の便秘の場合

密かに多い、ビジネスマンの便秘。
忙しかったり、心配事が多かったりとストレスがかかる生活は、お通じの回数を減らしたり、お腹の調子を狂わせてしまうのです。
なんとかスッキリさせたいものです!

【働く男性が便秘になる理由】
ストレスが腸を締め付ける

▪不規則な生活
排泄はリラックスした状態、つまり自律神経でいえば副交感神経が優位なときに促進されます。
ところがイライラしたり不規則な生活が続くと、常に自律神経の交感神経が興奮状態。
腸の動きが鈍い状態が続き、便秘の原因となってしまいます。

▪過度のストレス
強いストレスを感じると、腸の一部分がギューツと閉まり、便の通り道が狭くなって便秘になったり、腸が激しく収縮するため便が粉々になって出にくくなります。

▪水分不足
水分が不足すると便が硬くなり、排便が困難⇒便秘に。
汗をかくことやトイレが近くなることを嫌がって水分をガマンしている人は、それが便秘の原因かも。

▪食物繊維不足
偏った食生活で不足しがちな食物繊維。
食物繊維は便の核となる大切なもの。
不足すると良い便が作られません!

お腹がスッキリしていれば、頭もスッキリ!
仕事がはかどって、人生が良い方向にまわっていくこと間違いなし!

女性の便秘の場合

どういうわけか、男性よりも女性のほうが便秘になりやすいようです。
ある調査では女性の2人に1人は便秘気味!
体はスリムなのに、お腹だけポッコリ。
どうして女性は便秘になりやすい?

【女性が便秘になる理由】
女性は便秘になりやすい

▪女性ホルモンの影響
排卵後から月経前に分泌される黄体ホルモンには、大腸のぜん動運動を抑える働きがあります。
そのため生理前の女性は、どうしても便秘がちになるのです。

▪無理なダイエット
無理なダイエットで食事制限をすると、たちまち便秘に。
便のかさが減って便秘になりやすいほか、脂肪分を控えすぎると便のすべりが悪<なることもあります。 ▪腰まわりの冷え
キツい下着やガードルなどで締め付けられると、血管が圧迫されて腸の働きにも悪影響を及ぼします。
特に腰回りの冷えは、便秘に直結します。

▪便秘薬依存
便秘薬を常用していると、自分の力で排便する能力が衰えてしまいます。
安易な便秘薬の使用は、根本的な解決にはつながりません。

便秘が原因となっていた肌荒れやイライラが解消されて気分スッキリ♪
便秘解消は、美しくなるための必要条件なのです。


このページの先頭へ